神待ち掲示板で詐欺に遭った経験を糧に家出少女とハメまくってます

MENU

 しかし、助けて欲しいのにもかかわらず、一向に話が進んでいかない、そんな現状を目の当たりにしちょっと困惑気味になってしまいました。
これ3人が3人とも同じような状況にいるのですから、困り果てていきました。
俺としてはその日のうちに神待ちの相手と知り合って、自宅アパートに連れ込んで、オマンコの穴を利用して気持ちよくなるって考えていたのに、なかなか相手は会ってくれる気配を見せてくれないのです。
話には、神待ちは即効性があってすぐ気持ちいい関係を作ることが出来るなんて言ってたんだけど、メールした3人の女性とも同様に、心が落ち着くまでは待って欲しいなんて言い出すし、なかなか話が展開していかないのです。
その癖、助けて欲しいと言ったことはたくさん言ってくるし、セックスも大丈夫だからなんてこっちの気持ちを掻き立ててくるのです。
そんなんだから、俺だって気持ちが盛り上がっちゃってるし、なんとしてでもセックスオーライなこの女性たちを自宅に招き入れて、激しいから見合いを楽しまなければって思いました。
しかしそんな俺の考えとは裏腹に、なかなかアポに発展していきませんでした。
俺の女性の誘い方が間違っているのか?メールした3人の女性たちが、みんな慎重な性格の人たちだったのか、そのことすら判断をすることが出来なかったのですが、俺の性欲は彼女たちと、どうしても一発決めると言うことを決めていて後には引けない状況でした。
何としてでもこの中の1人でいいので、オマンコの穴を借りて気持ちよくなるって気持ちで突っ走っていました。
メッセージのやりとりするだけでも、ペニスがむくむく起き出し合うし、何とか鎮めるためにも女性のオマンコが必要だったのです。
早いところ呼び出して連れ込み、そして激しい快楽の世界を味あわなくてはと、引くに引けない状態だったのです。